• 脇の黒ずみがひどくてノースリーブが着れない!
  • 毎年夏が憂鬱。電車で吊革にもつかまれない!
  • 脇の下が黒すぎて彼氏に引かれそうで辛い
  • 妊娠してから脇の下がどんどん黒くなっていく・・・

この記事はそんな悩みを持つ女性のために、同じように脇の黒ずみで悩んでいた私の体験談と黒ずみを治した方法を書いてみます。

私は現在都内で美容部員として働く26歳です。脇の黒ずみで悩み始めたのは19歳のころからずっとコンプレックスとして悩んでいました。

特にキャミとかの薄着を着る春から夏は、脇が黒いのがとっても恥ずかしくて。

都内で働いているから電車にはよく乗るんですけど、脇を見られるのが嫌で嫌で夏なのに薄着になれなかったりしました。
あと夏の海やプールも脇下の黒ずみが気になっちゃって、せっかくの夏なのに開放的な気持ちになれなかったりも。

それと一番困るのが、彼氏に見られること・・・。男性って脇フェチの人がすごい多いですけど、エッチの時とかホント「見ないで〜〜」ってカンジ。

ずっと脇が黒いのがコンプレックスだったんですけど、去年の冬に「春までにこの黒ずみ何としても治したい!」と思って、脇の黒ずみ対策方法をネットと雑誌で超調べました(笑)

美容部員として女性の肌のことには詳しかったので、調べたこともすんなり理解できました。

結論としては
脇の下の黒ずみは治せます!

すごく白い脇になるかどうかはある程度個人差があるかと思いますが、少なくとも私は脇の黒ずみを消して、元の薄い肌色に出来ました。

脇の黒ずみ,脇が黒い,治す方法,アットベリーの効果

↑はワタシの脇の下の黒ずみの2ヶ月のビフォー・アフター写真です。

私と同じように悩んでいる女性の参考になればと思って、私が調べた知識と試した方法を説明していきます。

脇の下が黒い女性って男性にどう思われているのか?

↓某女性雑誌の「愛されカラダ特集」で掲載されていた出版社が実施したアンケート結果です。
写真載っけると著作権で怒られるっぽいんで画像にしました。

男性1300人に聞いた。脇が黒い・黒ずんでいる女性の脇をどう思いますか?

脇が黒い女性。脇の黒ずみを男性はどう思うのか

 

  • 汚い・不潔:43%
  • ちゃんと洗ってなさそう:27%
  • デートで一緒に歩く時恥ずかしい:16%
  • ムダ毛の処理をちゃんとしていない:8%
  • 老けて見える:6%

アンケート対象:一般男性1300名(20~40代)

 

 

脇が黒い、脇の黒ずみで悩んでいる女性からしてみると、なんとも悲しくなる男性の意見です。

「汚い・不潔」と思っている男性も多いみたいですが、まあ確かに自分でもそう思うからこそ脇の黒ずみで悩んでいる女性が多いんですよね。

脇の黒ずみ、黒い脇には2つのタイプがある

1.脇の毛の埋没毛で黒いブツブツが見える

脇のぶつぶつ黒ずみの原因である埋没毛

脇の毛を剃ったり抜く時に抜けずに内部で切れてしまった毛が埋没毛となって、脇がポツポツ、ブツブツと黒く見えるタイプです。

毛の量が多かったり太くて濃いタイプの人がなりがちみたいです。

このタイプの人は皮膚が黒ずんでいるわけではないので、毛の処理方法について見直す必要があります。

ピンセットで一本一本抜くのが丁寧で良いような気がするんですが、これは厳禁だそう。毛穴への刺激で、少しずつメラニン色素が沈着しちゃって黒ずみが悪化しちゃいます。

なのでオススメとしてはワックスです。毛穴への負担がすくなく、一気に脱毛してしまうので綺麗に処理できます。

2.脇の皮膚にメラニン色素が沈着している

冒頭で紹介した私の脇の写真のbeforeみたいなタイプです。

メラニン色素による色素沈着で脇が黒ずむというもので、おそらく脇が黒い人の多くがこちらのパターンに当てはまるでしょう。

また皮膚内部への色素沈着だけでなくて、皮膚の一番外側の角質層が黒ずむことで、灰色っぽいくすんだ色になってしまう場合もあるようです。

 

脇が黒い原因。脇の黒ずみの出来る理由を理解しよう

脇の黒ずみ、いわゆる皮膚の色素沈着というのは何が原因なのか、色々と調べてみました。

大きく分けると4つの原因があるそうです。

  1. 肌への摩擦や刺激
  2. ターンオーバー周期の乱れ
  3. 脇の毛穴つまり
  4. 女性ホルモンバランスの乱れ

一つずつ見ていきましょう。

1.肌(皮膚)への摩擦や刺激

肌(皮膚)への摩擦や刺激

夏にヒールサンダルを履いていて、紐と擦れ合う親指の部分が黒ずんだ経験がある女性は多いのではないでしょうか。

皮膚に頻繁な刺激が加えられると、その部分の皮膚は防御反応としてメラニン色素を作ります。

メラニン色素というと、日焼けした時に肌を紫外線から護るために生成されるものですが、肌への摩擦や刺激でも作り出されるんです。

かかとや肘・膝などとは違って、普段の生活でそこまで頻繁に摩擦を受ける部分ではないのが脇の下。

でもデリケートゾーン・Vゾーンと同じで、脇の下は非常に皮膚が薄く、刺激に敏感なので色素沈着は起きやすいんです。

ムダ毛処理による皮膚への刺激

脇のムダ毛処理(カミソリで剃る、ピンセットで抜く)は頻繁に行うので、毎日の刺激で少しずつ防御反応としてメラニン色素が脇で生成されていきます。

特に古くなった切れ味のあまり良くないカミソリは、肌への刺激がとても強いので注意が必要です。

また毛抜きによるムダ毛処理でたまにうっすらと血が出ることがありますよね。

これによって毛穴内部に血が固まったものが出来て、埋没毛の原因となり脇の下が黒くブツブツに見えるようにもなります。

市販のレーザー脱毛器も注意が必要

パナソニックのソイエとかみたいな市販のレーザー脱毛器、光脱毛器も注意したほうがいいようです。

レーザーでかなりの刺激と負担を毛穴内部に起こしますので、脇の毛穴の黒ずみが進行してしまうそうです。

脇の黒ずみが気になっている方は使用しないほうが良いでしょう。

ムダ毛処理後のスキンケアは大事

上記のようなことがあるとはいえ女性ですからムダ毛処理はしなくてはいけませんよね。

そこで大切なのが、ムダ毛処理後のスキンケアです。

脱毛によるムダ毛処理では毛穴が大きく開いてしまいます。この毛穴が開いてしまった状態を放っておくと、毛穴に角質や雑菌が入り込んで毛穴内部の皮膚刺激で黒ずみが発生してしまいます。

また剃毛によるムダ毛処理の後では、皮膚が表面が擦り切れている状態です。

ですので、しっかりとした保湿・毛穴を引き締める・皮膚の保護を高める成分が配合されたクリームなどでアフターケアをして上げる必要があります。

オススメのケアクリームについては記事後半で書いています。

2.ターンオーバー周期の乱れ

ターンオーバーというのは「肌の新陳代謝・肌の再生機能」のことです。

↓の画像のように、肌の古い細胞が剥がれ落ちて、新しい細胞に入れ替わる周期をターンオーバー周期と言い、正常な皮膚の場合、20代女性のターンオーバー周期は28日程度と言われています。

脇の黒ずみ,脇が黒い,治す方法,ターンオーバー周期

ターンオーバーがあるから日焼けや刺激を受けて生成されたメラニン色素が少しずつ垢となって剥がれ落ちて、元の肌色に戻っていくんですね。

そしてこのターンオーバー周期は、様々な要因によって乱れてしまったりします。女性の場合は、女性ホルモンの乱れ・加齢・不規則な生活・ストレス・乾燥などが要因となります。

特に、脇の皮膚のターンオーバーの乱れは、「乾燥」が原因となっている場合も多いそうです。

脇は毛穴が多いので、毛穴にある汗腺も多く、汗や皮脂が大量に分泌される場所です。

そのため表面は湿ったりベトベトしていることが多いのですが、脇の下は角質層が非常に薄いので肌内部はとても乾燥しやすいです。
(毛穴が多くて皮脂が沢山でるほっぺたやおでこも乾燥しやすいのと同じですね)

乾燥することで脇下の皮膚のターンオーバーが遅くなって色素沈着が進行して黒ずんでしまうということですね。

3.脇の毛穴つまり

脇の下は毛穴が多くて皮脂が大量に出ますが、普段は腕を下げていると非常に肌が密着した蒸れた状態になっています。

余分な皮脂と角質で毛穴が詰まって、詰まっている角質が汗で酸化することで黒くなります。
(鼻の毛穴が詰まって黒くなるの同じ原理)

これらをしっかりケアしないと、最終的には毛穴でもメラニン色素が生成されて、ターンオーバー周期が追いつかなくなって、毛穴に黒い色素沈着が起こる「シミ毛穴」となってしまいます。

4.女性ホルモンバランスの乱れ

妊娠をした女性は、女性ホルモンのバランスが大きく変化することで、乳首を始めとして身体のデリケートな部分の皮膚が黒ずみやすくなるそうです。

ホルモンバランスが乱れると、乳首や脇、デリケートゾーンなどの皮膚が薄い敏感な部分でメラニン色素の生成が促進されます。

しっかりと脇の黒ずみをケアしないと色素沈着が進行します

脇の黒ずみ,脇が黒い,治す方法,ターンオーバー周期

脇が黒ずんでいくのは、メラニン色素による色素沈着のスピードに、ターンオーバーが追いつかないことが主な原因です。

ターンオーバー周期は加齢によって少しずつ長くなっていきますので、肌の黒ずみはしっかりと対策とケアをしておかないと少しずつ確実に黒ずみが進行してしまいますので注意しましょう。

では、脇下の黒ずみ・色素沈着を進行させないためには、どのような対策をしていけばいいのか。

まずは予防方法から、私が色々と調べて実践したものを紹介していきます。

膝の黒ずみを進行させないための予防方法

予防方法に関しては、脇下のメラニン色素の生成を抑えることが基本となります。

脇の下のムダ毛処理にはなるべく古いカミソリや毛抜きは使わない

カミソリによるムダ毛の自己処理で肌に負担をかけるのはなるべく避けましょう。

また毛抜きにする処理をする場合なら、ピンセットによる毛抜きではなくワックスで一気に抜いてしまう方が負担が少なくていいです。

また、豆乳ローションを塗るのも予防方法になりえます。

豆乳ローション自体には黒ずみを解消する効果はありませんが、抑毛効果があるため脇毛が薄くなってムダ毛処理による刺激が抑えられるためです。

参考:豆乳ローションによる脇の黒ずみ解消方法と効果について

刺激の少ない洗い方をする

メラニン色素は肌の防御反応ですので、外部からの刺激で生成されます。

身体を洗うボディーソープは洗浄力が強めなので脇の下を洗うのには本来はあまり良くありません。
ボディーソープで顔を洗ってはいけないのと同じことです。

脇の黒ずみを消そうと、石鹸で洗い過ぎたり、軽石でこすったりするのは逆効果で黒ずみを進行させてしまいますので注意してください。

弱酸性ソープを使用して肌への刺激を軽くしましょう。

脇の下の皮膚はとても薄くて敏感ですので、洗い方のコツは洗顔と比較的似ています。

皮膚表面と毛穴内部の皮脂や角質をしっかりと洗い落とし、かつ皮膚への刺激を抑えるためには、泡洗顔と同じように泡で包み込むように洗うようにしましょう。

脇の下が黒ずんでいると、ついついナイロンタオルなどでゴシゴシと洗ってしまいがちですが、実際には泡のほうが粒子が細かく毛穴の奥まで汚れを落とせます。

重曹やスクラブを使った解消方法は効果なし

重曹(ベーキングパウダー)を使って脇の黒ずみが治るという噂があったので、かくいう私も昔2ヶ月ほど試してみたのですが、効果はほとんどありませんでした。
というかむしろ悪化したような気がします。

よくよく調べると、重曹による黒ずみケアは、全くもって医学的な根拠はなくて、重曹は水に溶けても粒子が荒いのでスクラブ効果(摩擦による洗い流し効果)があるというだけでした。

重曹を使ってフライパン洗うとよく落ちたり、歯磨き粉代わりに使ったりされますが、この摩擦効果によるものですね。

フライパンをゴシゴシ洗うような重曹の摩擦をデリケートな脇の皮膚にやっちゃったので黒ずみが悪化したというわけですね・・・

紫外線を浴びる時はしっかりとUVケアをする

海に行って寝転んだり、キャミを着たりして脇に直射日光の当たるところに出かける際などは、しっかりと日焼け止めクリームを塗って、紫外線から肌をまもって、余計なメラニン色素が生成されないように気をつけましょう。

デオドラント制汗剤やベビーパウダーはなるべく使わないこと

制汗剤スプレーやベビーパウダーは実は脇の黒ずみの大敵だそうです。

これらは臭いを発生させない消臭成分も入ってはいるのですが、基本的には細かい微粒子で毛穴を詰まらせて毛穴から汗を出させないようにする原理だからです。

脇の皮膚を乾燥させてしまう上に毛穴をつまらせてしまいまうので、黒ずみが進行するのは当然ですよね。

毛穴が詰まってしまうと、先ほどの説明の通り、毛穴に黒い色素沈着が起こる「シミ毛穴」でブツブツの脇の黒ずみとなってしまいます。

脇の黒ずみを治して白くするにはアットベリーがオススメ

脇の黒ずみ解消クリームのアットベリーのレビュー

脇の黒ずみを消して白くする方法は、簡単にいうと、

メラニン色素の生成を抑えつつ、ターンオーバーを強化して沈着したメラニンを追い出すことです。

既に出来ている脇下の黒ずみを治すには脇のターンオーバーをしっかりと働くようにケアしてあげる必要があります。

私が脇の黒ずみに悩んで色々と調べて試した中で一番効果があったのが、アットベリーという日本製の薬用美白クリームでした。

雑誌 美的(Biteki)の昨年のカラダ特集号で紹介されていてこのクリームのことを知ったんですが、すごく売れてて有名みたいです。

脇の黒ずみ,脇が黒い,治す方法,アットベリー,効果,効用,評判

美的で紹介されていた内容としては、脇の下の黒ずみ対策専用ジェルとして紹介されていました。

「プラセンタとグリチルリチン酸、甘草フラボノイド、トウキエキス、エイジツエキスという主に5つの美白成分が、皮膚表面と皮膚内部まで浸透してダブルで作用する」

という商品説明ですが、要は、

  • ターンオーバーを加速させてメラニン色素を肌から排出しやすくする
  • 潤いを与えることで乾燥によるメラニン生成を抑える
  • 肌の保護成分を強化して刺激によるメラニン生成を抑える

という3点が脇下の黒ずみを治すのに良いところのようです。

利用者アンケートやネットの口コミを総合すると、89.7%の女性が脇の黒ずみを治すことが出来たそうです。

「厚生労働省」からも認可をとっている日本製の医薬部外品なので効果はお墨付きです。
※「医薬部外品」というのは、厚生労働省が効果・効能について有効であると認めた商品のこと

 

私自身は使い始めて1ヶ月くらいは大して効き目を実感しなかったんですが、使い続けて2ヶ月ちょっと経って、黒ずみがかなり薄くなって、太ももの白い肌と同じくらいの色になってきました。

かなりテンション上がっちゃいましたよ(笑)

脇の黒ずみ,脇が黒い,治す方法,アットベリー

↑はアットベリーを使って2ヶ月ちょっと経ったビフォー・アフター写真です。

20~30代女性の肌のターンオーバーの周期は2~3ヶ月程度と言われているので、ちょうどそのくらい経って明らかに効果を実感できるようになってきます。

今も使い続けてますが、ほとんど黒ずみが気にならないくらいになるんじゃないかって勢いで薄くなってきているので、今年はやっと思う存分にデートでキャミとかノースリーブ着て、夏の海にも行けるのがホントに嬉しいです。

あと、このアットベリーは消臭効果もあるので夏には特に重宝します。

上で書いたように市販の制汗剤スプレーとかは脇の黒ずみを悪化させてしまうので使用できないので、これは助かります。

 

※2017年7月追記
2017年7月現在、45%OFF+180日間返金保証キャンペーン中みたいです。

6ヶ月以内に効果が実感できなければ返金可能なので安心ですね。
公式通販のみでの販売みたいですので、リンクをつけておきます。

⇒アットベリーの公式通販サイト

私のアットベリーの使用レビュー

脇の黒ずみ解消クリームのアットベリーのレビュー

こんな感じの箱です。

もちろん梱包は中身が分からないようになって配達されてくるので、実家ぐらしでも安心です。

脇の黒ずみ解消クリームのアットベリーのレビュー

脇の黒ずみ解消クリームのアットベリーのレビュー

脇の黒ずみ解消クリームのアットベリーのレビュー

成分には、グリチルリチン酸・水溶性プラセンタエキス・トレハロース・ヒアルロン酸・コラーゲン液・トウキエキスといった結構高い美白化粧品でも見かける成分が記載されています。

 

脇の黒ずみ解消クリームのアットベリーのレビュー

こんな感じの容器にたっぷりとクリームが入っています。

脇の黒ずみ解消クリームのアットベリーのレビュー

塗ってみるととこんな感じ。サラサラした感じで、いかにも皮膚に浸透しそう!って感じです。

香りはちょっとミントのハーブっぽい匂いが微かにする、かなり良い匂いです。

結構な量が入っているので朝晩2回、毎日使っていても1ヶ月では使いきれません。

脇の黒ずみ解消クリームのアットベリーのレビュー

一度塗って1〜2分後に上塗りをする二度塗りがオススメと書いてあるので、私はお風呂後(お風呂でムダ毛処理)の寝る前と朝に1回ずつ塗ってます。

ちなみにバストトップとかビキニライン、ひじの黒ずみとかにも効果があるみたいです。

私が感じたアットベリーの悪いところ

逆に私が感じたアットベリーの評価が悪いところは下記のようなところです。

  • 案外大きくて持ち運びは出来ない
    ↑の写真見ていただいても分かるように、一本分の量が結構あって案外大きいです。ので、持ち運びとかはしづらいかな。まあしないですけど(笑)
  • 即効性があまりない
    使い始めてすぐに効果を実感はあまりしなかったです。効果を実感しはじめたのは、ちゃんと毎日朝晩に塗って2ヶ月目くらいからでしょうか。まあ肌の色素沈着を解消することの即効性を求めるなら皮膚科での手術とかになってしまう気もしますが。。

その他の私が感じたアットベリーの良いところ

もちろん脇が黒いのを解消出来たのが、このクリームの一番良いところだと思うのですが、その他の良いところをちょっとまとめてみました。

  • 黒ずみケアで一番売れているので安心
    美白成分が含まれた黒ずみケアのクリームって他にもいくつかあると思うんですけど、アットベリーは一番の売れ筋商品で89.7%の利用者が満足したという商品みたいです。
    VOCEでもデリケートゾーンの黒ずみ解消クリームとして紹介されていて、ネットのクチコミもすごく良かったので信頼できる商品だと思います。
    脇の黒ずみケア商品としては今一番売れている商品のようです。
  • 「厚生労働省」から認可のおりている美白効果
    通販って怪しい商品も多いと思うのですが、ピューレパールは美白効用が厚生労働省から認可がおりているのでなんとなく安心はできます。
  • 180日間返金保証キャンペーンをよくやっているところ
    6ヶ月間の返金保証ってすごいですよね。私は美白効果が出て使い続けているので、返金はしてもらっていませんが。

アットベリーの口コミ・評価

アットベリーは黒ずみケアで一番売れている商品なので、クチコミ数も非常に沢山見つかるのですが、ほとんどが好評化でした。

色々と口コミを読んでみましたが、「効果が出てきた」という口コミを書き込んでいる人はほとんどが2〜3ヶ月使用を継続している方のようでした。

「20代〜30代女性のターンオーバーの周期が28日+α」なので使い始めから2ヶ月目くらいで肌が入れ替わり始めるからでしょうね。

確かに、私自身も効果を実感したのは2ヶ月目が終わったくらいからでしたね。

※2017年7月追記
2017年7月現在、45%OFF+180日間返金保証キャンペーン中みたいです。

6ヶ月以内に効果が実感できなければ返金可能なので安心ですね。
公式通販のみでの販売みたいですので、リンクをつけておきます。

⇒アットベリーの公式通販サイト

 

※安く買おうとして調査しましたが薬局・マツモトキヨシ・ドンキなどでは販売されていませんでした。Amazonと楽天でも販売されていなくて公式サイトの直販のみとのことです。

どうしても直ぐに脇の黒ずみを隠したい場合

アットベリーを使った黒ずみ解消には2ヶ月くらい時間がかかってしまいますが、大事な予定などでどうしても直ぐに脇の黒ずみを隠したいこともあると思います。

その場合には、脇用のファンデーションを塗って隠すという方法もあります。

ただ、不自然にならないように自分の皮膚と同じ色のものを選んだり、水に濡れたり洋服についたりしないように気配りが必要なのがデメリットです。

参考:脇が黒いのを一時的に隠す方法。脇用ファンデーションで緊急ごまかし

美容皮膚科で手術をして脇の黒ずみを除去する方法

脇専用の美白ローション・ピューレパールでもなかなか解消できないようなしつこい黒ずみの場合は、美容外科・皮膚科などで手術をしたり、塗り薬を処方してもらう手もあります。

ただハイドロキノン・トレチノンといった皮膚科処方の塗り薬は、発がん性物質が含まれていて欧米では処方禁止になっていたり、レーザーでの手術は保険が効かなくて高額だったりとデメリットも大きいので注意が必要です。

参考:脇が黒いのは皮膚科に通えば治るのか?美容外科の治療方法とは?