妊娠をキッカケにして脇が黒くなる女性も多いようです。

妊娠中に女性の乳首が黒くなるのは有名な話ですが、ほぼ同じ原理でデリケート(あそこ)や脇も黒くなる場合があるようです。

妊娠中の妊婦の脇が黒くなる原因

妊娠中には、ホルモンバランスが通常時には無いレベルで変化します。

脇(ワキ)が黒い!脇の下の黒ずみを治す対策と解消方法の記事でも書いたように、脇の黒ずみの原因の1つはホルモンバランスの乱れによるものです。

特に妊娠20週目以降からは出産の準備のために、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2つの女性ホルモン分泌が急増します。

これらのホルモンが皮膚内部のメラノサイトを刺激して、メラニン色素の生成スピードが急激に増し、肌のターンオーバーによるメラニン色素排出スピードを超えてしまい、黒ずみが進行します。

メラニン色素は皮膚の防御力を上げるために生成されるのですが、脇や乳首や股間などの角質層が薄いデリケートな皮膚を特に身体は重点的に防御しようとするのでしょう。

妊婦は体外からのあらゆる脅威から胎児を守るために、様々な身体の変化を経験するのです。

※乳首がかなり黒ずむのは、視覚の貧弱な赤ちゃんに見えやすくするための準備とも言われています。

妊娠中の脇の黒ずみをなるべく進行させないためには

上記のように、妊娠中の脇の黒ずみは、生物学上では起こるべくして起こるものですが、産後の脇の美白のためにも、なるべく黒ずみを進行させ無いほうがいいでしょう。

なかには妊娠中にメラニン色素が皮膚内部深くまで色素沈着してしまい、出産後2年経っても脇の黒ずみが解消されないケースもあるようですので、備えあれば憂いなしです。

妊娠中の脇の黒ずみを進行させないための方法は、

メラニン色素の生成スピードを抑えること + メラニン色素の体外排出スピードを高める

という2点が重要になります。

ビタミンEを多く摂取する

ビタミンEは「若返りビタミン」とも呼ばれています。

メラニン色素の材料となる活性酵素を除去したり、

毛細血管を拡張して血行をよくして肌のターンオーバーを促進する効果があります。

ビタミンEにはトコフェロールとトコトリエノールの2種類がありますが、パーム油、ココナッツ油、米ぬか油、大麦脂などに含まれます。

日々の料理をココナッツ油に変えるのが楽に摂取する方法です。

脇専用の美白クリームでケアする

私が使って脇の黒ずみを解消したピューレパールというクリームはまさに、

脇の皮膚専用の

メラニン色素の生成スピードを抑えること + メラニン色素の体外排出スピードを高める

クリームになります。

脇(ワキ)が黒い!脇の下の黒ずみを治す対策と解消方法の記事で実際の効果とレビューを掲載しているので参考にしてみてください。

出産後の脇が黒いのを治す方法

出産後の脇の黒ずみケア方法についてですが、出産後はホルモンバランスの乱れが徐々に収まっていきますので、数ヶ月放っておけば少しずつ消えていくようです。

ただ、母乳を作るためには女性ホルモンが大量に分泌されている必要があるため、人によっては脇の黒ずみが消えずに色素沈着してしまい、授乳期間が終わって数年たっても黒ずみが消えない場合もあるそうです。

基本的には私が治した方法で毎日ケアしておけば、黒ずみの色素沈着と進行はかなり抑えられると思いますので、参考にしてみてください。

 

脇(ワキ)が黒い!脇の下の黒ずみを治す対策と解消方法